HOME > 特集 > 地域のイベント・催物 > 勢理客の獅子舞『十五夜祭』【告知】

勢理客の獅子舞『十五夜祭』【告知】

国選択無形民俗文化財である勢理客の獅子舞が
『十五夜祭』で披露されます。

 

※こちらから勢理客の獅子舞の映像をご覧いただけます。
2007年の勢理客『十五夜祭』VTR

 

『十五夜祭』・・・平成21年10月3日(土)午後7時より「勢理客公民館」にて開催

dscf3465

今年も八月十五夜祭が旧暦の8月15日(今年は新暦10月3日(土))公民館広場で開催されます。十五夜祭は、村の無病息災や豊年を祈願する祭りとして昔から伝えられた勢理客最大の行事です。獅子舞は勢理客の守り神として昔から祀られ、災厄を払い豊年を招来するという信仰と共に守り伝えられてきました。当日は国選択無形民俗文化財である獅子舞を披露するとともに、各団体・各班からの余興を準備しております。

dscf3480
400年以上の歴史を持つ
伝統芸能・勢理客の獅子舞

400年以上の歴史を持つこの獅子舞は、勢理客獅子舞保存会によって継承され、昔と変わらない型を維持しています。

獅子頭を支える前役の人は、足を90度まで高く上げる豪快な歩き方です。後ろ役はずっと腰を半分に折って足踏みをつづけながら獅子のしっぽを動かし続けます。

前年は鞠で遊ぶ、転がる、立ち上がるなど、11種類ある伝統の舞から6つが披露されました。いずれもきわめて高度なテクニックと体力が必要とされ、1回舞うと演技者はぐたっり疲れてしまうのだそうです。

033_dscf3469勢理客獅子舞保存会が継承する「二方」

033_dscf3442
勢理客獅子の毛は5色、真鍮で作られた目が爛々と輝きます。

前年の6つの演目12人はいずれも勢理客の10代の若者達、見事に伝統の大役を果たしました。
その他、獅子舞保存会が継承している独特の「二才踊り」や、子供会の空手、保育園児のかわいい獅子舞などが披露されました。

033_dscf3457
勢理客保育園の子供たちの
「シーシーカンカン」

033_dscf3458
会場が微笑みに包まれた
可愛い可愛い獅子でした 。

今年も多くの市民の方々のご来場をお待ちしております、お楽しみに。

033_img01

 

十五夜祭の話

十五夜祭は、昔から現在にいたるまで単なる娯楽というよりも祈願としての意味あいが強い。

大正天皇が崩御された年、その一年間一切の祝い事やお祭りが禁止されたことがあった。当然、勢理客でも十五夜祭をとりやめたところ、その日から毎晩のように獅子を安置してあった村家から火の玉が飛び出し、村の中道を走りぬけるという出来事がおこった。そこで、おそれおののいた村の人は、その年九月十五日に改めて十五夜祈願を行なったところ、その火の玉はでなくなったという。以来、いかなることがあっても八月十五日祈願は欠かさずに今日に至っている。

 

連絡先

勢理客自治会
浦添市勢理客2丁目19-20
電話:098-878-8538
会長 亀谷 長進

 

内間自治会も同じ日に十五夜豊年祭を行います。

img_128_s連絡先
内間自治会
098-877-3251
会長 知念 孝
場所:内間公民館

 

カテゴリー   [地域のイベント・催物]

地域貢献企業

このページのトップへ