ビジネス・モール うらそえ 結の街

映像アーカイブ

HOME > 特集 > 丸得情報 > 丸得情報 PIZZERIA ONDA

丸得情報 PIZZERIA ONDA

■PIZZERIA ONDA

浦添市港川地区にある外人住宅街。その一角にある「PIZZERIA ONDA」をご紹介します。

今回は、浦添市港川地区にある外人住宅エリアの一角で、本場ナポリピッツァを提供する「PIZZARIA ONDA」さんに行ってきました。
いただいたのはもちろん、日本ナポリピッツァ職人協会の会員でもあるシェフが、自信と誇りをもって提供するピッツァ!
「ピザ」という呼び名はアメリカ生まれで、本場では「ピッツァ」なのだそうです。

いただいたピッツァは「マルゲリータ(1,300円)」でした。
他には「生ハムとサラミの盛り合わせ(1,480円)」に「本日のサラダ(850円)」です。

まずピッツァですが、トッピングのバジルと、生地を作るときに使う水以外は、すべてイタリアから取り寄せているものだそうで、素材からして「本場」です。

そして、極めつけが本格的な薪釜
これもなんとイタリア製で、お店のサイズに合わせて特注したもの。
薪を使って焼くピッツァは、香りも味も、ガスや電気で作るものと別次元のものでした。
焼き上がりは柔らかく、まさに「ふんわり」という言葉が似合いそうな口当たりですが、それでいて弾力があり、もっちりとした食べ応えです。

トマトソースは、トマトの持つ上品な酸味が、他の素材とうまく調和しています。それほど強烈な自己主張ではないのですが、ないとすぐにわかるくらいの存在感がありました。

チーズも本場イタリア製で、芳醇でクリーミーな舌触りが、市販のピザとは異なり、とてもまろやかなピッツァに仕立てています。

次は生ハムとサラミの盛り合わせ。
大きな生ハムはもちろんイタリア産です。見た目もボリューム満点で、日本の生ハムより塩辛くなく、肉質もしっかりしているので、食べている途中でホロホロ崩れずに、最後までしっかり食べることができます。
そして、後述のサラダを巻いて食べると、一口の中にハム以外の味も合わさって、まるで豪勢なオードブルを食べている印象さえ与えてくれます。

最後に「本日のサラダ」ですが、サラダの素材は沖縄・九州産のものを厳選して使用しているとのことでした。しかも、無農薬または自然栽培の野菜です。
噛んだ瞬間に心地よい音が響くほど、新鮮な素材を利用してします。

地元の同業者の皆さんも、「本場」の味を求めて来店されるそうです。
巷にありふれたピザとの違いを、みなさんも体験してみませんか?

カテゴリー   [丸得情報]

このページのトップへ