ビジネス・モール うらそえ 結の街

映像アーカイブ

HOME > お役立ち > 娯楽 > 催物・イベント情報 > 御絵図柄の絣衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/王国の漆工芸技術~沈金・堆錦の漆器~ 2018年01月06日(土)~1月31日(水)

御絵図柄の絣衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/王国の漆工芸技術~沈金・堆錦の漆器~ 2018年01月06日(土)~1月31日(水)

御絵図柄の絣衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/王国の漆工芸技術~沈金・堆錦の漆器~
(那覇市歴史博物館)

尚家資料と、福地家資料から御絵図柄の資料を紹介いたします。

また、調度品は伊江家と首里那覇鳥瞰図屏風、漆器は大里資料の「朱漆芭蕉万年青文沈金堆錦衝立」を紹介いたします。

「首里那覇鳥瞰図屏風」は、首里から那覇の風景を描いています。このような上空から見下ろす形で描いた絵を、空を飛ぶ鳥の目線から描いた図という意味で「鳥瞰図(ちょうかんず)」と呼びます。

よく見ると、右上の首里城本殿には鶴が描かれた簾(すだれ)がかけられています。これは王国時代の首里城の正月飾りで、正月の様子を描いた風景という事が分かります。

「朱漆芭蕉万年青文沈金堆錦衝立」は、片面が芭蕉、片面が万年青の文様で、芭蕉の面の上空に鳥が飛び雲が流れ、画面に奥行きを与えています。

王国時代の精緻な紅型衣裳、絵画、漆工芸をお楽しみください。

[期間]
2018年01月06日(土)~1月31日(水)

[場所]
那覇市歴史博物館

[料金]
一般 350円
大学生以下 無料 (要証明書提示)

[お問い合わせ]
那覇市歴史博物館
TEL:098-869-5266

カテゴリー   [催物・イベント情報]  [学習・体験]  [文化・芸術]

このページのトップへ