ビジネス・モール うらそえ 結の街

映像アーカイブ

HOME > ヤクルトキャンプ特集 > 東京 ヤクルトスワローズ キャンプIN 浦添 2018 > 東京 ヤクルトスワローズ vs ハンファイーグルス 2018 練習試合 キャンプ15日目

東京 ヤクルトスワローズ vs ハンファイーグルス 2018 練習試合 キャンプ15日目

平成30年2月15日東京ヤクルトスワローズ春季キャンプ15日目、沖縄の空は快晴で那覇の最高気温24.4度と4月日和の天気となった。雲一つなく、日差しは日焼けしてしまう熱さで、選手らは皆サングラスをかけてプレーをしていた。

今回の取材は、1時から行われた韓国 ハンファ イーグルスとの練習試合の様子を取材した。

今日は平日の木曜日、韓国プロチームとの練習試合、今年初めての対外試合にスタンドも少しずつ観客が増えてきた。

一回表、韓国チームの攻撃

ここで、東京ヤクルトスワローズ、今日の練習試合に出場するスターティングメンバーをご紹介しよう。

ヤクルト先発投手は、44岩橋投手がマウンドに上がった(5年目)。

44 岩橋慶侍 投手

キャッチャーは正捕手の52中村捕手である(10年目)。

52 中村悠平 捕手

サードは51藤井亮太選手(5年目)。

5 1藤井亮太 内野手

ショートは、36廣岡大志選手、スター性が有りそうな選手(3年目)。

36 廣岡大志 内野手

セカンドは、1山田哲人選手(8年目)。

1山田哲人 内野手

ファーストは、8武内晋一選手(13年目)。

8 武内晋一 内野手

レフトは、9塩見泰隆選手(新人)社会人野球X-ENEOSを経てドラフト指名4位。

9 塩見泰隆 外野手

センターはベテランの42坂口智隆選手(16年目)。

42 坂口智隆 外野手

ライトは、31山崎晃太郎選手(3年目)。

31 山崎晃太郎 外野手

【先発メンバー】
1.中 坂口
2.左 塩見
3.DH 川端
4.二 山田
5.一 武内
6.遊 廣岡
7.三 藤井
8.捕 中村
9.右 山崎

スワローズは以上のスターティングメンバーでのスタートである。練習試合なので、回を追ってどんどんメンバーチェンジが行われることが予想される。

1回表、ハンファ イーグルスの攻撃

試合は、1回表、韓国ハンファの攻撃で ヤクルト先発の44岩橋投手が 先頭と2番手の打者を凡打に取り2アウト。

44岩橋投手

44岩橋は2アウトから3番打者の背番号30を四球で歩かせてしまい、2アウト一塁となった。

ハンファ 走者一塁

迎えて、4番打者に 44岩橋投手はセンター越えの二塁打を許してしまう。

韓国ハンファ4番打者
44岩橋投手

渾身の一球を投げたが

右中間の深い所へ弾き飛ばされ、センター越えの2塁打となった。

センターオーバー2塁打

四球で出したランナーが還り、先取点を与えてしまった。

一塁ランナーが還り1点

韓国チームのハンファ イーグルスに先取点1点を与えてしまった。

打った打者は二塁へ

44岩橋は続く5番にレフト前を許し、

レフト前 ヒット

ランナー1・3塁とする。

しかし、岩橋投手は落ち着いて6番をショートゴロに打ち取り

6番をショートゴロの凡打に抑えた
ショートゴロを軽快に捌く、36廣岡選手
3アウト

3アウトとし、初回に1四球1安打で先取点1点を与えたてしまったが、他者は凡打で抑え1回表を終えた。

ハンファが先取点

 

1回裏、スワローズの攻撃

ところが、1回裏ヤクルトの攻撃で1番坂口、2番塩見、3番川端選手ら共に3者凡退で攻撃を終えてしまった。

観客も声援が出せず、静かであった

2回表、韓国ハンファの攻撃

2回表、スワローズの投手は先発の44岩橋投手がそのまま続投した。

44岩橋投手は先頭打者をセカンドゴロに打ち取った。

セカンドに飛んだ打球を1山田選手が軽快に処理。

1山田選手がセカンドゴロを捌いた

先頭打者をセカンドゴロに打ち取った。

ところが、2番と、3番打者にライト前と、レフト前にヒットを許し、ランナー1・2塁とするが、

焦らずに、4番をサードフライ、5番をセンターフライに打ち取り、この回は無失点で終えた。

5番目の打者をセンターフライに打ち取り、2回表を終えた

44岩橋投手の立ち直りは早く、一回に1失点は有ったものの、その後は 得点圏にランナーを置いても、焦らずに落ち着いた投球内容で立ち直り、安定してきた。
練習試合では色んな球種を試して投げることが許されているので、決して仕上がりが悪い訳ではない。

2回裏、東京ヤクルトスワローズの攻撃

1山田哲人選手

この回の打順は4番の1山田哲人選手から始まった。

1山田は、ボールをよく読み、四球を選び一塁へと進んだ。

一塁に進んだ1山田選手

5番の8武内選手は三振となり、次に、6番の打席に入ったのは、36廣岡大志選手である。

36 廣岡大志 選手

1山田選手を還す一打を期待されるところであるが、練習試合なので色んな作戦を試す貴重な練習試合でもある。また、36廣岡選手はチームの中でも山田選手の次のスター選手として活躍を有望視されている選手でもあるので注目して行きたい。

牽制で頭から戻り、ヘッドスライディングで
汚れてしまったユニホーム

あれ、山田選手が一塁牽制で刺されてしまった!あっけないなぁ!山田選手も「あれっ」て顔してました。練習試合はこういう失敗も有りなんだから、がんばれ山田! こうやって、気持ちに本気モードのスイッチが入って来るんでしょうね!

 

代りに、36廣岡選手がレフト前にヒットを放っち、一塁走者となった!

レフト前にヒットで36廣岡選手が一塁

7番打者は51藤井選手である。

51藤井選手が打席に入った

間を空けずに、36廣岡選手が 果敢に二塁盗塁へ チャレンジし、成功した!

二塁盗塁でスライディングする36廣岡選手(盗塁成功!)

二塁ベース上で、次の攻撃指示サインを確認する36廣岡選手。

盗塁に成功し、二塁ベース上で土ぼこりを落す36廣岡選手

2アウト、二塁、一打でホームまで駆け抜ける作戦か?

二塁ランナー36廣岡

2回裏、2アウト、二塁走者を置いて51藤井選手はショートに凡打してしまい、3アウト!残念ながらチャンスメイクを活かせず、二塁ランナーは残塁となり、ホームへ還す事は出来なかった。

2回を終え、両チーム無得点

3回表、ハンファ イーグルスの攻撃

3回表、ヤクルト投手は先発の44岩橋投手がそのまま続投した。

この回、選手の守備替えが有り、42坂口がファーストへ入り、8武内選手がセンターについた。

替って直ぐに、42坂口はファーストゴロを
捌きベースを踏み1アウト!

44岩橋投手は、ハンファの4番打者をショートフライに打ち取った!

内野上に高く打ち上げた

ショート36廣岡がフライを処理 2アウト!

フライを捕球する36廣岡選手

44岩橋投手はこの回に1安打、1四球で一二塁に走者を出したが、

最後は、凡打を打たせ、セカンドゴロに取り この回も無失点とした。

右に深いセカンドゴロを処理する山田選手
深い所からファーストに投げて3アウト!

3回表のハンファの攻撃を 44岩橋が見事に封じ、この回も無得点とした。

 

3回裏、東京ヤクルトスワローズの攻撃

この回の攻撃は、打順が8番の52中村選手から始まった。中村は、練習試合を十分に活用しているかの様に、ファウルで粘る打法を実践で試していた。

52中村は、12球以上投げさせて際どい球をカットしていたが、この打席はヒットには結びつかなかった。

52中村選手 際どい球を巧くカットして粘り、ストライクを

取りに来た球を狙う攻撃策で投手が最も

嫌う打法である

 

8・9番と三振に倒れ、打順は一巡し、1番に戻り、42坂口選手が打席に入った。

センター前ヒットで42坂口選手が
チャンスメイク!
この後、坂口が大活躍!

42坂口は、2球目をセンターへ運び、2アウト 一塁と2打席目にチャンスメイクを果たした。

 

そして、間髪入れずに二塁盗塁へチャレンジ!俊敏さは衰えていない。見事!二塁盗塁に成功!さすが
16年目のベテランである。

42坂口は牽制される前に 二塁へ飛び出した!!

ベテランは相手の裏をかくのが巧い。

盗塁成功!少し余裕を感じた

 

もう、三塁を狙っているようだ。 42坂口選手は練習で学んだ走塁技術を積極的に練習試合で試している様に感じた。

二塁ベース上から三塁を伺う

もしかすると、今度は一打で3塁を蹴ってホームまで一気に走るかも知れない、そんな練習を河田コーチが教えていた事を思い出した。

いつでもスタートできるリードを取る

ネクスト バッターは2番で新人の9塩見選手だ。 さて、9塩見選手は坂口選手を1打で還せるか楽しみである。 練習試合とはいえ、実戦でこういう二塁走者の想定をセットして、得点実践を試す方法や能力は凄い練習だと思えてきた。

やった、塩見選手がレフト前へ弾き返した!レフトは打球を捕球し、即座にバックホームへ投げた!
凄いプレイだ!どうなるだろう?

 

さて、42坂口選手はセオリー通り、三塁ベースを蹴って、ホームに突っ込んで行った!レフトからの返球が返って来る ワンバウンド、2バウンド、これは、分からない、確実にクロスプレイになりそうだ!

 

キャッチャーが ベースより前に出て ボールを捕球、その横を42坂口が 避ける様に走り抜けようとする。
キャッチャーが左手でミットを突き出す、坂口はタッチをかわしながらスライディング!完全なクロスプレイだ!審判の影で大事なところが見えない!

42坂口選手、絶体絶命のホームスチール クロスプレイ!

 

結果はどうだ、審判!主審は一息おいて、右の腕を立てに振り、拳を止めて「アウト!」と叫んだ!

審判だけにしか分からない、際どい、見事なプレイだった!両者とも
素晴らしかった!この瞬間だけでも成長の証しと言えるのでは

セーフと言われても納得できるギリギリの瞬間だった。 これって練習試合? 本番モードでの坂口選手の走りが素晴らしかったので惜しい!

でも、練習だから、一生懸命練習した成果を 9塩見選手と 42坂口選手が現してくれたと言える。

もしかすると、今度のオープン戦で この機動力訓練の成果を見ることが出来るかも知れない!今度は結果を出してくれると思うので、楽しみだ。

さぞかし、小川監督や、宮本ヘッドコーチらは嬉しいだろうと思う! 特に 打撃・走塁コーチの河田・土橋コーチらは訓練の手応えに拳を握ったのでは・・・。

3回を終え、この回も 両チームとも得点は無かった

 

4回表、ハンファ イーグルスの攻撃

4回表からマウンドに登ったのは昨年のルーキー38梅野雄吾 投手である。(2年目)

球種は、ストレート ・カットボール ・カーブ・ 縦スライダー・ チェンジアップ 等を投げるという。

38 梅野雄吾 投手

彼は、2016年ドラフトでヤクルトから3位指名で九産大九産高校から入団した高校生ルーキーだった。

右投げ最速151キロを投げる高校生ルーキー投手として昨年から一軍で登板、その後に最速154キロをマークした。

高校時代の恩師(監督)から「鼻っ柱の強い子です」と彼の負けず嫌いな性格が急成長の理由だと話す。

今年はプロ2年目で最速154キロを投げる

という、若手投手としての有望株だ

38梅野投手は、この回の先頭打者にセンター前を許し、ランナーを出すが、2番、3番を外野フライに打ち取り、2アウトととした。しかし、4番に四球を与えてしまい、走者 一、二塁となった。

2アウト 一、二塁のランナーで

38梅野投手はこの回、初めてのピンチを

迎えた

ここで、5番打者にライト線 深く 運ばれ、

5番打者にライト線へ運ばれる

ライト線深く、2塁打となった。

ライト線の奥へ転がる打球

その間に、走者は二人とも還り、2点を奪われる。

一、二塁走者が還り2点

その後、四球とライト前ヒットを許し、更に1点を追加した。

センター31山崎選手がフライを処理

この回、8人目の打者をセンターフライに取り、3アウト ハンファ イーグルスは4回表の攻撃を終えた。

この回に追加3点を加え、ハンファ4ー0ヤクルトとした。

 

4回裏、東京ヤクルトスワローズの攻撃

4回裏、この回のヤクルトの攻撃は3番の5川端慎吾選手からだ。

5 川端慎吾 選手

5川端選手の持ち味は、選球眼の良さと、粘りのバッティングであり、昨シーズンはヘルニア腰痛で殆ど活躍できなかったが、今年は復活を期待したい。

5川端選手は、持ち前の選球と粘りで、ハンファの投手からボール球を誘い、四球を選び一塁走者となった。 確立の高いチャンスメイクを生み出す能力こそ、川端の出塁率が高い理由であろう。

選球しフォアボールを誘った

ヤクルトベンチは一塁に出た5川端選手を下げて代走に39宮本丈選手を送った。

5川畑の代走に出た 39 宮本丈 選手

面白くなりそうだと、チャンスメイクを活かす算段をめぐらす宮本ヘッドコーチ。

さて、ネクストバッターは1山田選手であり、

山田選手は、期待通りにレフト前にヒットを放ってくれた。さすがだ。

1山田の打球がレフト前に転がる

1山田は一塁に到達すると、ベンチから代走を告げられた。 代って、56奥村選手が代走となった。

二塁は代走の39宮本選手 一塁は代走の56奥村選手

そして、ネクストバッター8武内選手が凡打し、セカンドゴロで一塁走者の56奥村選手はホースアウト!

二塁走者の39宮本が三塁へ進塁し、打者はセーフで走者1塁ー3塁となった。

三塁へ進塁した39宮本選手

一塁も代走が送られ50上田選手が一塁走者となった。 走者1-3塁。

50上田選手は間髪入れずに二塁へ盗塁し、成功した。 そして、走者は2・3塁となった。

二塁盗を成功させた50上田選手

1アウト、ランナー2・3塁とし、大切な役目を課せられた36廣岡選手が打席に入った。

右中間へタイムリーヒットを放った

36廣岡選手は、期待通りに、右中間へ ヒットを放った。

36廣岡選手が放った 右中間1点タイムリーヒット

打球は3塁走者を還す1点タイムリーヒットとなった。

ホームに還った39宮本

ヤクルトは三塁走者の宮本が還り1点を返した。

三塁走者の50上田選手

1アウト、1-3塁、

一塁走者の36廣岡選手

36廣岡は更に盗塁し、二塁走者となり、走者2・3塁となった。

二塁へ盗塁する36廣岡選手

 

51藤井選手が凡打し、セカンドゴロとなったが、その間に三塁走者の50上田選手が還り、1点追加のタイムリー内野ゴロとなった。 ヤクルト2得点、 一塁アウトで2アウト、走者三塁。

52中村悠平選手

2アウト、ランナーを3塁に置いて迎えたバッターは52中村選手である。52中村はレフト前にヒットを放ち、1点タイムリーを叩き出した。 ヤクルトはこの回、1点加えて3点目となった。

タイムリーヒットで一塁走者となった52中村

2アウト、一塁となり、迎えた31山崎選手が振るわず、ショートゴロとなり、52中村も果敢に二塁に向うがホースアウトで3アウト。

52中村が二塁でホースアウトとなる

ヤクルトは4回裏の猛攻撃で3点を返し、この回を終えた。

5回表 ハンファ イーグルス4-3ヤクルト スワローズ

 

5回表、ハンファ イーグルスの攻撃

5回表、ヤクルトの投手は38梅野投手が続投した。

5回表を好投する38梅野雄吾投手

38梅野投手は4回表の失投を取り戻すかのように5回表は打って変わって、好投した。1安打のみ許し、後続打者は全て凡打の2内野フライ、1外野フライに打ち取り、打者4人で終わらせる汚名返上の本調子を取り戻した。

38梅野投手は、ヤクルト首脳陣にこれが、自分の実力だと安心できる内容をアピールし、5回を締めた。

38梅野投手の負けず嫌いな性格が 落ち込まず、汚名返上するという良い面に出ていると感じられた。彼もオープン戦での活躍を期待できそうだ!

 

5回裏、東京ヤクルトスワローズの攻撃

5回裏、ヤクルトの攻撃は2番の9塩見選手からだ。

2番の9塩見選手

二番手の9塩見選手がレフト前にヒットを放った!この試合2安打目である。

打球をレフト前に運んだ 一塁に出る9塩見選手

9塩見選手がルーキーにしてはいいバッティングしてるなぁ!と宮本ヘッドコーチが思った瞬間、
一塁走者の9塩見選手がピッチャーの牽制球に刺され2アウト!となった。

これには、宮本ヘッドコーチもサインプレイでの起動力を使った攻撃策を試したかったのであろう、チャンスを失い力が抜けてしまった様だ。

ところが、川端選手の代走で出場した後続の39宮本丈選手が球を選び四球で一塁走者となった!

選球で四球を選ぶ39宮本選手

一塁走者の39宮本選手に土橋走塁コーチから伝令が託された。

土橋コーチから伝令を告げられる39宮本

ヤクルトベンチからは、気を取り直した宮本ヘッドコーチが 細かくサインを 打者と一塁走者に 送っていた!さて、これから何が起こるのか楽しみである。

気を取り直した宮本ヘッドコーチ 細かに攻撃のサインを送った

 

やはり、この後、一塁走者39宮本は二塁へダッシュ!走塁したのだ!

39宮本選手は完全にピッチャーを出し抜き モーションのタイミングを盗んで二塁へ向かった!

その時だ、ハンファの投手が盗塁に気付き投球が乱れ、高めに暴投し、キャッチャーが球を後逸した!

キャッチャーが球を後逸する瞬間

 

39宮本選手はキャッチャーの後逸に気付き、スピードを落とさず、二塁を蹴って、そのまま三塁に向った。

二塁を蹴って三塁へ向かう39宮本選手

逸らしたボールを掴みキャチャーが三塁へ好返球を投げた!しかし、三塁盗を狙って突っ込んできた9宮本選手の勢いも負けない! 三塁ベース上で見事なクロスプレイとなった! アウトか、セーフか、審判!

三塁盗塁へスライディングで突っ込む39宮本選手のクロスプレイ

読者の皆様、すみませんが(笑)取材はここまでとさせて頂きます。如何でしたでしょうか?

さて、読者の皆さんはこのクロスプレイで39宮本選手はセーフで三塁盗塁成功!だと思いますか?

セーフだと思う方、アウトだと思う方、どうぞ、答えを書いて当サイトのこちらへ返信してください。

【お問い合わせコーナー】 http://yuinomachi.jp/?page_id=295

お名前とアドレス・住所を書いて返信頂けましたら、正解者には抽選で3名様に
今季の2018東京ヤクルトスワローズ春季キャンプの記念キャップを差し上げます!

 

試合の結果

ヤクルトは6回にも1点を加え同点に。8回に勝ち越されますが、その裏にすぐさま追いつき、そのまま両チーム譲らず5対5の引き分けとなりました。

        回123456789 合計

韓国・ハンファ 1 0 0 3 0 0 0 1 0  5
東京ヤクルト  0 0 0 3 0 1 0 1 0  5

 

(バッテリー)
東京ヤクルト…【投手】 岩橋、梅野、寺島、田川、久古  【捕手】中村、古賀

試合後の小川監督コメント

試合後小川監督は「攻撃の方では良いところが出たんじゃないかなと思う。練習でやってることの意識が出ていた。選手たちには、打つことだけじゃなく、走塁も絡めた1点の積み重ね、という話はしている。(投手陣について)ほとんどがボール先行しちゃってるからね…結果的に打たれるのは仕方ないけど、もう少し意識を持ってほしい。(ルーキーの塩見選手について)良いバッティングをしていた。スピードもあるし、もっと実戦で使っていきたい」と振り返っています。(このコメントはヤクルト公式ホームページよりの転載です。)

以上。

次回の取材は巨人対ヤクルトの練習試合の予定です。(飽くまで予定ですので、ご了解ください)

お楽しみにしてください。

 

プロ野球オープン戦 東京ヤクルトスワローズ2018

2018年02月24日(土)
東京ヤクルトスワローズ vs 阪神タイガース

2018年02月25日(日)
東京ヤクルトスワローズ vs 日本ハムファイターズ

詳しくはこちらのページをご覧ください>>

私達も東京ヤクルトスワローズを応援しています。 (特別協賛)

オリオンドラフトビール 爽快という、うまさ。

このページのトップへ

<<東京 ヤクルトスワローズ キャンプIN 浦添 2018 へ戻る