浦添の地域密着型ポータルサイト ビジネス・モール うらそえ

映像アーカイブ

HOME > ヤクルトキャンプ特集 > 東京 ヤクルトスワローズ キャンプIN 浦添 2018 > 東京 ヤクルトスワローズ vs 読売ジャイアンツ(巨人) 2018 練習試合   【後編 】

東京 ヤクルトスワローズ vs 読売ジャイアンツ(巨人) 2018 練習試合   【後編 】

前編に引き続き、ヤクルト 対 巨人 練習試合の後編をお届けします。

どうぞお楽しみ下さい!

2回を終えた、ヤクルト1-2巨人 が、この後3回に入った!

3回表、ヤクルトの攻撃

逆転されたら取り返す。この回からヤクルトの猛攻が始まった。

3回表、巨人は投手を交代、菅野に代え21吉川光夫投手がマウンドに上がった。

3回表 投手交代 21吉川光夫投手

3回表、スワローズの攻撃は3番23青木選手からである。

23青木選手はレフト前へ打球を運び、自らチャンスメイクを行った。

23青木の打球がレフト前に転がる
レフト前ヒットで一塁ランナーとなった23青木

ノーアウト一塁で4番のバレンティンを打席にむかえる。 ここで注目して欲しいのは、この長距離バッターも敢えて長打は狙わず、1ヒットで走者を三塁まで進めることを考えている。

ノーアウト 一塁 23青木

4バレンティンは長打思考の自我を抑えて、1ヒットを選びライト前に運んだ。

ライト前に運ぶ打撃の瞬間

浅いライト前、だったので一塁の青木を3塁まで送ることは出来なかった。

チームの歯車となり、真摯に繋いで自分も生きランナーを1ー2塁とした。

一塁 4バレンティン
二塁 23青木

次は5番打者の33畠山選手だ。

一塁 4バレンティン

33畠山選手は、前打席もそうであったが、二打席目もチーム貢献に徹っした打席となった。

際どい球を選球し、
変化球も手を出さず、
ストライクはファウルで粘り
四球を選んで満塁とさせた

ノーアウト、満塁となった。ランナー三人とも長距離打者だが、誰一人長打を狙わず、繋げて満塁にした。

ここが これまでと違うところだ。1回表の2アウトで同じ場面があったが、失敗した。

今回はノーアウトだから失敗は許されない。 しかし、同じ場面を作り出す事が出来ることが凄いと思う。

36廣岡は高く打ち上げてしまった

6番の36廣岡選手は打ち上げてしまい、浅いライトフライで犠牲フライには成らなかった。 やはり、まだプレッシャーに弱い様子で又もやチャンスを物に出来なかった。

36廣岡の浅いライトフライ 1アウト

しかし、続く7番の51藤井選手がライト前にタイムリーを放ち、結果を出してくれた。

51藤井

51藤井選手が巨人21吉川投手の投球を弾き返し、ライト線近くにライナー性の弾丸が飛んで行った。

ライト線に飛んだライナー性の打球

ライトはクッションボールを処理し、直ぐにホームへ返球したが、三塁ランナーの23青木は既に還り1点。

先に1点
ホームベースを踏む4バレンティン 追加 1点

続いて、二塁ランナーの4バレンティンもホームに還り1点と、合計2点を追加した。

青木とバレンが一緒に還った

一塁ランナーの33畠山は三塁に滑り込みセーフ。ライトは三塁を止めるくらいの返球しか投げられなかった。

1アウト ランナーは1-3塁

巨人21吉川投手は、このあと、後続の8番52中村と、9番の56奥村を三振と、レフトフライに打ち取り、1-3塁走者は残塁となった。

21吉川投手は後続を抑えた
56奥村はレフトフライで 3アウト 52中村は見送りの三振  2アウト

3回表、ヤクルトの攻撃は51藤井の2点タイムリーで追加された2点が再度の逆転となり、3対2としてこの回の攻撃を終えた。

3回表 ヤクルト3-2巨人

 

3回裏、巨人の攻撃

3回裏、スワローズは好投している16原投手に、この回も続投させた。

好投する16原樹理 投手

スワローズ16原投手は、この回、巨人先頭の9番、43重信選手をサードゴロに打ち取り、1アウトとした。

 

そして、巨人は打者一巡し、1番の0吉川尚がバッターボックスに入った。

0吉川は、16原投手の初球をきれいにミートしてライト前へ運んだ。

0吉川尚が打球をきれいにミート
打球はレフト前に飛んだ
0吉川 レフト前ヒット 一塁

巨人の1番をランナーに出してしまったヤクルト16原投手は、得点圏に進もうとする一塁走者を警戒、

1アウト、走者一塁 0吉川

しつこく、3度も牽制を加えた。

16原投手は、一塁を横目に牽制しながら、巨人2番の63田中を三振に取った。

2番 63田中 三振 2アウト

しかし、一塁ランナーの0吉川は、2番、63田中のフルスイングした瞬間を逃さず、盗塁し、二塁盗塁を成功させた。

牽制を交わし二盗を成功させた0吉川

巨人は2アウト、走者二塁とし、打席に3番の2陽選手を送った。

選球する2陽選手

ヤクルト原投手は、再三の牽制でも二盗塁を許してしまい、ランナーが気になり、巨人の2陽選手に対しボールが先行してしまい四球を与えてしまった。

巨人は2アウト走者1-2塁とし、4番、25岡本が打席に入った。25岡本は16原投手の球を左へ思いっきり叩き引っ張った。

4番、25岡本

打球はサードゴロとなり、サードが捌くと思いきや、何とサード51藤井がトンネルし、後逸したボールはレフト前に転がってしまった。

ホームベースを踏む0吉川  1点

その間に、二塁ランナーの0吉川が三塁を蹴って、ホームに還った。 巨人は1点を返し同点とした。

更に、2アウト、走者1-2塁としたが、5番の7長野がセカンドゴロに倒れ3アウトで残塁となった。

7長野セカンドゴロに倒れ 3アウト

3回の裏、巨人は、ヤクルト サードのゴロ後逸エラーで1点を加え、同点となり、この回を終えた。

4回表 ヤクルト3-3巨人

4回表、ヤクルトの攻撃  「スワローズの猛攻!」

4回の表、巨人の投手は21吉川投手がこの回もマウンドに上がった。

21吉川投手

この回、ヤクルトの攻撃は1番の41雄平が、セカンドゴロに倒れ、1アウトとした。

そして、後続2番の9塩見が足に軽くデッドボールを受け一塁走者となった。

そして、ここから、スワローズの猛攻が始まったのだ!

  2番 9塩見、デッドボールで一塁

1アウト、ランナー 一塁、続く3番の23青木が右に引っ張り、一二塁間に打球が転がった。

23青木が叩いた打球は

打球は、セカンド正面、一塁ランナーが球をよけながら走塁するも、セカンドが、まさかのトンネルで後逸、打球は そのまま ライト前へ転がる。

セカンドが 後逸したボールを ライトが拾う

巨人は、セカンドの守備エラーによって1アウト、走者1-2塁を招いてしまった。

二塁 9塩見 一塁 23青木

続く、ヤクルト4番の4バレンティンが打席に入り、巨人21吉川投手はバレンティンを抑えに入った。

4バレンティンは、21吉川投手の 高め速球に釣られ、打ち上げてしまった。

打球は、高く上がり、タッチアップ走塁の出来ないセンターフライとなった。 これで2アウト!

近い、センターフライ

ところが、21吉川投手が後続の5番、8武内に対し、デッドボールを背中に当ててしまった。

8武内選手の背中に当ててしまった! 痛い!
8武内は痛みを抑えて一塁に

スワローズの攻撃は、2アウトで満塁となった。

23青木が二塁                       9塩見が三塁

さて、三たび、満塁で打席が36廣岡に回って来た。 三度目の正直で、今度こそ、タイムリーの結果を残したい廣岡は、腹を括り打席に入った。

36廣岡選手は三度目の正直、名誉挽回の一打となった

巨人21吉川投手の3球目を思いっきり左に引っ張った!打球は 矢のようなライナーで 三遊間を越えて、レフト前に届いた。

レフトが、36廣岡の打球を捕球後に、投げようとする瞬間

この間に、三塁ランナーの9塩見が還り、二塁ランナーの23青木はホームに突っ込みクロスプレイとなった。

レフトからの返球は際どかったが、23青木の俊足が勝った

危なくセーフ!二人とも生還出来た。36廣岡のレフト前は、2点タイムリーの一打となった。

二塁 8武内 一塁 36廣岡

打った36廣岡は一塁、8武内は二塁へ進んみ、2アウト1-2塁とした。

次の打席は、7番、51の藤井で、いきなり初球を打った!打球はピッチャーを襲う 強襲ライナーとなった。21吉川投手のグラブを弾き、サードが拾ったが、既に満塁となっていた。

サードが拾い、投げようとするが間に合わず

スワローズ、またもや、2アウト満塁のチャンス!

一塁 51藤井
二塁、36廣岡            三塁、8武内

次の打席は、当たっている8番の52中村である。さて、このチャンスを中村はどう生かすのか?

52中村は、2球目をフルスイングし、渾身の当たりとなった。打球は大きく レフト線へ飛んで 我々の視界から消えた。

ライト線奥に運ばれ視界から消えた!

エンタイトルなのか?通常の2ベースなのか?分からなかったが、打った52中村は余裕で2塁に達していた。

この間に、三塁ランナーの8武内と、二塁ランナーの36廣岡がホームに余裕で還った。追加で2点。

52中村の2点タイムリー2ベースヒットとなり、生還した8武内と、36廣岡はベンチで暖かく祝福された。

さて、2アウト、ヤクルトの攻撃は未だ続き、52中村と51藤井が2-3塁となった。

ところが、9番の56奥村が左に流し打ったが、ショート正面のライナーとなり、3アウト。

ショートライナー 3アウト

ヤクルトは4回表のこの回に、4得点を追加し、7点とした。

 

4回裏、ヤクルト7―4巨人

4回裏、巨人の攻撃

4回裏、ヤクルトは投手を交代、先発の16原樹理投手から、中継ぎを18寺島成輝投手へ交代した。

18寺島成輝 投手(2年目)

巨人の攻撃は、6番からで、代打で56山本が打席に入った。56山本は、18寺島の初球を狙い鋭い打球を放ち

56山本

56山本がミートした打球は右のセカンドへ飛んだ、セカンドはショートバウンドした打球をハンブルし、後ろへ逸らしてしまった。

セカンド 後逸

打った56山本は一塁セーフとなり、セカンド守備エラーでの出塁となった。

56山本 一塁
ノーアウト 一塁 56山本

巨人、続く 7番の38和田が打席に入り、レフト線奥への長打を放った。

打球は、レフト線ポール際まで転がり、打った67和田は二塁まで到達、二塁打となった。

56山本は、三塁で止まった

巨人はノーアウト走者2-3塁とし、8番の38岸田が打席に入った。

巨人 走者 2-3塁

巨人8番、38岸田が内野に高く打ち上げてしまい。

セカンドフライとなり、1アウトとなった。

セカンドフライを処理

巨人、1アウト、走者2-3塁で 9番、43重信が打席に入った。

巨人43重信は、ライトに犠牲フライを上げ、ランナーはタッチアップで走塁し、

三塁ランナーがホームに還り、1点を返した。2アウト。

三塁走者、56山本が還り、1点

巨人は2アウト、三塁に67和田のランナーを置き、

巨人1番、0吉川尚が三振、3アウト。

0吉川 三振 3アウト

巨人は4回裏に43重信の犠牲フライで1点を返すが、その後の打線が振るわず1点でこの回の攻撃を終えた。

5回表  ヤクルト7-4巨人

この後、ヤクルトは得点を7点のまま推移し、巨人は7回に2点を加えるが、6点に止まり、9回では

9回裏 ヤクルト7-6巨人 となり、ヤクルトが練習試合を制した。

回 数   1 2 3 4 5  6 7 8 9 合計 

ヤクルト 0 1 2 4 0 0 0 0  0 7

巨 人   0  2 1 1 0 0 2 0 0  6

選手達は、勝利をハイタッチで喜んだ

巨人、由伸監督が、お疲れ様でした。と、ヤクルト、小川監督へ挨拶。

巨人 高橋由伸監督    ヤクルト 小川淳司監督

試合終了後にヤクルトベンチでは、各コーチからの反省ミーティングが行われた。

河田走塁コーチから試合での攻撃の走塁に関する反省点をあげていた
神妙に聴く、23青木選手
4バレンティンは終始 遠くを見つめながら聴いていた
攻撃の打撃面での反省点を語る 81石井琢朗コーチ

ここまでが、今回の巨人対ヤクルトの練習試合の取材。

初めて、沖縄セルラースタジアムで巨人との試合を取材したが、ヤクルトの選手達の眼の色が変わっていた。

試合に現れていたが、攻撃の組み立てを全員で行っており、昨年までのスワローズの個人打線攻撃とは全く違った全員機動力野球を感じた。

チーム内に23青木効果が如実に表れていた。

特に、4バレンティンと33畠山は、頼りがいのある23青木が帰ってきた事で、彼がいる今なら、頑張れば達成(優勝)できる!

という可能性を強く感じているようで「絶対にやるぞ!」という意気込み(やる気)が伝わってくる。

若手選手の36廣岡、51藤井、56奥村、9塩見らは、ヒーローと一緒にプレイ出来ることに感激しながら良い影響を受けていて、喜びが表情から伝わってくる。

青木の効果は、チーム復活への希望のランプがチーム内に灯っている感じである!

二人の攻撃コーチへの信頼感が感じられた。

更に、広島から来た優勝貢献人の二人のコーチ、81石井琢朗と、71河田雄祐への選手達からの相当な信頼感が、張りつめたチーム全体から伝わって来た。

ひょっとすると、今年、ヤクルトが優勝争い出来そうな雰囲気が既に、出来ているかも知れない。

以上、巨人との練習試合の取材を終わります。

 

次回は、オープン戦の取材記事をお楽しみに!

 

私達も東京ヤクルトスワローズを応援しています。 (特別協賛)

オリオンドラフトビール 爽快という、うまさ。

このページのトップへ

<<東京 ヤクルトスワローズ キャンプIN 浦添 2018 へ戻る