HOME > 特集 > 地域の安全のために > 浦添市内の重点犯罪発生状況-平成25年11月累計グラフ報告

浦添市内の重点犯罪発生状況-平成25年11月累計グラフ報告

◆『ビジネス・モールうらそえ』では、浦添警察署から届く、不審者・事件情報や、発生状況、その他の防犯情報を『 地域の安全のために 』のコーナーで市民の皆さんにお伝えして います。これは地域住民が、自ら隣り近所との 互いの連携による防犯対策を行う事で、薄れている『地域の連携を再構築する』という意義を込めてお届けしています。どうぞ、各地域で有効にお役立てください。

浦添市民の皆さん!重点犯罪の発生状況をご報告致します。

平成25年11月の事件発生累計が浦添署より届きましたのでご報告いたします。

ご自分のお住まいの地域はどうなっているのか是非チェックして見て下さい!

下記の棒グラフは平成25年11月単月のみを表した自治会地域別の事件発生グラフです。

【グラフをクリックすると拡大表示します】

<<2013年10月末までの犯罪発生状況はこちらから。

平成25年11月の犯罪発生件数は、27件となった。前年同月(29件)と比べると2件減、前月10月(30件)との対比では3件減という結果となった。10月までは昨年同様に右肩上がりの年末増加傾向でしたが、11月は若干件数が減少した事で頭打ちとなり、急勾配な階段に踊り場が出来た感で犯罪の急速な伸びが減り、ほっと一安心である。そのまま行くと昨年の数値に一か月早く達してしまう所であった。

11月を総合的に観ると、前月10月に増加した『万引き』が5分の1に減少したものの、今度は『自転車盗』が極端に増えてしまっている。ここで注目すべきはやはり『自転車盗』であり、勢理客で大量に発生してはいるが、市内全域で発生しているのが特徴である。せっかく『万引き』の発生を極端な1/5まで減少させたのに、又『オートバイ盗』も1/2に半減しているにも関わらず『自転車盗』が急増し、努力が隠れてしまっているのはとても残念である。

どうやら、浦添市内の犯罪3悪である【 自転車盗 ・ オートバイ盗 ・ 万引き 】がいたちごっこどころではなく、法則の様であり3悪が同時に減少することは無くほぼ確実に交互に増減を繰り返している。何故であろうか?ここに解決の意図が有るような気がする。

しかし、 私達市民はこの現状を良く理解した上で、 子ども達の為に、 出来るだけ犯罪を起こさない、起させない安全な環境を作り出し、子ども達の成長を安心して見守ることの出来る住み良い街にして行かなくてはならないのでは ないでしょうか!

ですから、私達も一喜一憂せず、犯罪ゼロを目指し、負けずに頑張りましょう!各地域で工夫した私たち市民の防犯活動が一番効果があるんですから!

 

平成25年10月 平成25年11月 前年11月
車上ねらい 0件 0件 3件
オートバイ盗 11件 5件 11件
自転車盗 8件 17件 15件
忍び込み 0件 0件 0件
空き巣 0件 2件 0件
居空き 1件 1件 0件
ひったくり 0件 0件 0件
万引き 10件 2件 -
30件 27件 29件

 

【状況分析】

 

○車上ねらい   : 昨年同月比 △3件減でゼロ ・ 先月比ゼロ更新素晴らしい

○オートバイ盗   : 昨年同月比△6件減 ・ 先月比△6件減

○自転車盗     : 昨年同月比+2件増・ 先月比+9件増要注意

○忍び込み     : 昨年同月比ゼロ更新・ 先月比ゼロ更新 素晴らしい

○空き巣       :  昨年同月比+2件増 ・ 先月比+2件増 ( 注意

○居空き       : 昨年同月比+1件増 ・ +先月比 同数

○引ったくり     : 昨年同月比 ゼロ更新 ・ 先月比 ゼロ更新素晴らしい

万引き       :先月比△8件減

 


 

自分達地域の防犯は自分達で守り、子ども達に悪い影響を与えない環境を地域の住民 ・ 学校 ・ PTA ・ 自治会等 が協力し合い防犯活動に積極的に取り組む事が大切です。

浦添市自治会境界線 ※クリックでPDFが開きます。

浦添市自治会境界線 ※クリックでPDFが開きます。

私達地域住民の大人は、地域の子ども達の安全を確保する責任があります。無責任な人間が起こす犯罪や事件から子ども達を守るため、或は犯罪に向かわせないため、声掛けで深夜徘徊や、犯罪の未然防止を促す活動が必要です!

 

更に、我々地域住民が自分達の住む地域の安心・安全を維持する為に協力し、交代で地域の防犯パトロールをするなど「浦添市では犯罪を起こさせない!」の気持ちで皆が防犯活動に関心を持ち、犯罪の起こしにくい街づくりにして行きましょう!

市民の皆様、ご協力お願い致します。

 

【グラフをクリックすると拡大表示します】

 

<<2013年10月末までの犯罪発生状況はこちらから。

【~各自治地区別今年11月の犯罪発生累計の分析から~】

平成25年10月時点での浦添市内犯罪発生ワーストの自治地区です。

 

浦添市民のみなさん、グラフを見てお分かりだと思いますが、25年の1月~6月まで犯罪件数が減り、15件まで落ちていたのが若干ではありますが、7月は『自転車盗』が増えたため犯罪件数が18件と僅か3件ですが上昇傾向にあり、 3月から減らしてきた犯罪発生件数が再び増加しつつありました。

8月は、『自転車盗』が激減し、『車上ねらい』も発生ゼロ!と成り、増える要因が無くなった為に、おそらく14件まで下がると思いきや、『万引き』が予想に反し8件も発生してしまい犯罪件数の合計が8月は20件へと跳ね上がってしまいました。その事がグラフで確認できます。

9月は自転車盗が増えてしまい、ご覧の様に昨年同様に年末に向けて犯罪発生が伸びております。どうぞ、ご自宅の自転車・オートバイが盗難に遭わない様に対策を講じてください。また、青少年が手を染めない様に、深夜徘徊をさせないために、私達が夜間パトロールを行うことで防ぐ事が出来ます。私達市民の力で犯罪件数を減らし、今年の年末は昨年を遥かに下回る結果にしましょう!

10月は自転車盗が半減したが、『オートバイ盗』と『万引き』が増加。特に『万引き』が件数全体の1/3を占める数であり、このまま年末へ向かうのかと不安です自転車盗』も『オートバイ盗』も『万引き』も恐らく少年犯罪だと思えます。だとすると、青少年の犯罪が増えるのを私達市民が黙認してしまうことには成りませんでしょうか?これらの犯罪は限定発生ではなく、浦添市内全域に広がって発生しています

11月は『万引き』が1/5に激減し、『オートバイ盗』も1/2に半減した事で大いに犯罪発生を減らした。にも関わらず『自転車盗』が市内全域で発生!また勢理客で集中大量発生したため全体の発生件数の減少は残念ながら若干程度に終わっています。しかし、右肩上がりの犯罪発生の勢いを止めたことは大きく評価されるべきだと思います。

12月は年の暮れ、また、今回の年末年始は休日期間が長くなっているため、お年玉を貰って繁華街に繰り出す青少年の犯罪発生が危惧されます。『万引き』等が増えないように全ての住民が青少年健全育成の犯罪防止の意識に立ち防犯パトロールや、自転車等の管理を徹底しましょう!!盗ませない、犯罪を起こさせない、この街の環境創りにご協力お願い致します。

 

犯罪発生 総合件数の推移


犯罪項目別 件数の推移


平成25年は、24年と違い年頭から着実に犯罪発生件数を減らして来ています。

この結果は、地域の方々の防犯活動の賜物だと思われます。このように浦添署と地域の私達住民が協力し合って犯罪を減らしている事がこのグラフを見ると良く分かります。

但し、グラフをご覧になってお分かりだと思いますが、「自転車盗」だけが極端に上昇・下降を繰り返し、いたちごっこの様に乱高下を繰り返しております。また、「オートバイ盗」「万引き」だけが同件数規模で「自転車盗」と絡み合う様に増減を繰り返しており、この3つの犯罪を抑えれば浦添市の犯罪が大きく減少し、発生ゼロ件も夢ではなくなります。

最近の身近な犯罪を観ていますとプロの犯罪者(大人)の可能性が高い 「 空き巣 ・ 居空き ・ 忍び込み 」等の犯罪は殆ど減少、現在発生が月に1~2件程度です。

しかし、青少年犯罪の可能性が高いと思われる「 自転車盗 ・ オートバイ盗 ・ 万引き 」が極端に増加しており、11月は特に「自転車盗」が急激に増えています幾ら取り締まっても無くなる気配が感じられません。

もし、この犯罪が極端に減るような事になったら、青少年の非行が極端に減少すると思われます更に、学校で起こる暴力事件や、いじめなどの問題も減少するのではないでしょうか?!

皆さんそう想いませんか!やはり、地域社会の歪みが子ども達を生きづらくしているのでしょう。では、私達地域の大人が協力連携できれば歪みを解消し、良い環境を子ども達に与える事が出来るのではないでしょうか。まず、年末へ向けて目の前の犯罪の発生を止める努力を協力連携して行うことで地域の子ども達が真直ぐに延びることの出来る安心安全な環境を作りましょう。

ちなみに、平成25年1月~11月までの累計ですが、これは学校・PTA・地域が浦添署と協力し青少年健全育成の上での重要課題として対策を考えるべきだと思われます。

(平成25年1月~11月累計)

自転車盗 17

オートバイ盗  64件

万引き      54件

もっと!もっと!犯罪を減らして犯罪の無い街!起させない街!浦添市にして行きましょう!

 

市民の皆さん、私たち市民が自ら防犯意識を向上させ、犯罪発生件数を増やさぬよう

地道な防犯活を行い治安を良くすることで、子ども達が安心して暮らせる環境、

子ども達を非行に走らせない環境が保たれます。

市民の皆さん、治安は警察任せのみでは良くならず、子ども達を守ることは出来ません。

安全・安心な生活が出来る環境を自ら作っていきましょう!

 

犯罪発生地域ワースト3は、浦添市自治地区別の身近な犯罪地域発生件数の多い順にワースト3を紹介しています。目的は地域にお住いの皆さんがその事に気付き、防犯対策に意識を高め地域での取り組みをされる事を期待し、犯罪件数を減らして頂く事に協力して頂きたいという意味で紹介しています。

 

ワースト1位 内間自治地区 (自転車盗 ・ オートバイ盗 ・ 空き巣 の順 )

ワースト2位 浦城自治地区 (万引き ・ 自転車盗 ・ オートバイ盗 の順 )

ワースト3位 勢理客自治地区 ( 自転車盗 ・ オートバイ盗 ・ 万引き の順)

 

今回、不名誉“ワースト”に並ばれている自治地区にお住まいの皆さん!やはり、子育てのしやすい街づくりは犯罪の抑制から始まります。安心安全な環境が子ども達の健全育成に欠かせない条件ではないでしょうか?

例えば、自転車盗』や、『万引き』を軽く見過ごしてはいけません。その事が同じ連鎖を生み、罪意識 が薄れ、罪悪観念が徐々に麻痺していくのです。

そして、エスカレートし、オートバイの窃盗や、車上狙いの窃盗、さらに重い罪を重ねて行くのです。そんな環 境でご自分のお子さんを育てることは影響を受ける可能性があるため やはり、好ましくないと思いになるはずです。

 

これから、年末年始にかけて各地域に在る量販店もイベントや特売等でお店が賑わいを見せてきますが、学校も冬休みに入り、お年玉を戴いた子ども達が楽しみに量販店等に殺到しますが、悪い誘惑に誘われ犯罪の溝に落ちないように私達地域の大人も協力してガードレールとなり、子ども達を守って行くために量販店内の防犯パトロールが必要ではないでしょうか。

 

市民の積極的な防犯活動が、安心して暮らせる生活環境をつくり、地域の子ども達の健やかな成長と青少年健全育成の向上に繋がります。


◆毎月第3金曜日は、『少年を守る日』です。
青少年を非行や事件・事故から守るため、各地域で集まった住民やPTAが夜間パトロールを行い、声かけ指導を行っています。しかし、まだまだ地域住民やPTAの参加者が少ない状況です。

子ども達が犯罪等の被害者にならないためにも、地域住民・PTAが率先して夜間の街頭パトロールを行うことで、深夜徘徊の防止や『不審者』に対しての抑止力となります。

是非、夜間街頭パトロールにご参加ください。
※各地域の学校区ごとで行っておりますので、学校事務で集合場所等をご確認ください。

 

市民の皆さん、子育てを終えられた方も是非、地域の住民として参加されて、地域の安全と、連携による助け合い(総合扶助)のある素晴らしい浦添市の環境づくりにご協力ください。

 

犯罪別件数
(1月~11月末累計)
車上狙い 0件
オートバイ盗 64件
自転車盗 117件
忍び込み 1件
空き巣 12件
居空き 6件
ひったくり 0件
万引き 54件
△クリックで拡大
ryuujin_omote_20100318△クリックで拡大 △クリックで拡大 ryuujin_ura_20100318△クリックで拡大

カテゴリー   [地域の安全のために]

地域貢献企業

このページのトップへ