浦添の地域密着型ポータルサイト ビジネス・モール うらそえ

映像アーカイブ

HOME > 特集 > 地域の安全のために > 浦添市内の重点犯罪発生状況−平成30年6月累計グラフ報告

浦添市内の重点犯罪発生状況−平成30年6月累計グラフ報告

◆『ビジネス・モールうらそえ』では、浦添警察署から届く、不審者・事件情報や、発生状況、その他の防犯情報を『 地域の安全のために 』のコーナーで市民の皆さんにお伝えして います。これは地域住民が、自ら隣り近所との 互いの連携による防犯対策を行う事で、薄れている『地域の連携を再構築する』という意義を込めてお届けしています。どうぞ、各地域で有効にお役立てください。

浦添市民の皆さん!重点犯罪の発生状況をご報告致します。

平成30年6月の事件発生累計が浦添署より届きましたのでご報告いたします。

ご自分のお住まいの地域はどうなっているのか是非チェックして見て下さい!

下記の棒グラフは平成30年6月単月のみを表した自治会地域別の事件発生グラフです。

自治会地域別の事件発生グラフ(平成30年6月累計)

【グラフをクリックすると拡大表示します】

<<2018年5月末までの犯罪発生状況はこちらから。

 

平成30年6月単月グラフの分析報告

6月の犯罪発生は9件となった。6月は記録的な減少をしており、H28年12月と、H24年1月に記録した月間「身近な犯罪」発生数最少記録8件にあと一つ及ばなかった。しかし、浦添市の月間犯罪発生数が一桁になったという事は凄いことである!

また、珍しい事に9件の犯罪発生は9カ所の自治区で各1件づつの発生となっており、浦城や、経塚自治地区も普段の複数発生を1件に抑えており、協力関係者の努力が伺える結果となっている。

今年の前半はとても良い犯罪減少の数値となっており、大変喜ばしいことである。ここから折り返し、残り半年間を現状維持、或いは このまま、毎月一桁の数字が並ぶことを願いたい。現在、浦添の街はとても治安の良い状況が続いていると言え、下半期は更に犯罪が減少して行くことを願いたい。

 

※ご覧の通り、一般的な犯罪は多くの関係者のご協力により、身近な犯罪が減少していることは大変喜ばしいことで関係者のご協力に感謝したい。

 

※ところが、振り込め詐欺や、類似詐欺、不審者の犯罪、携帯・スマホを媒介した性犯罪は年々増加しているという。

 

現代社会は、便利さと引き換えに スマホを通して 子ども達が犯罪の誘惑の危険にさらされ、夏休みは犯罪者の稼ぎ時となっている!

夏休み対策】 
既に、子ども達は、夏休みに入っており、家庭での親子のコミュニケーションを大切にし、夜間の外出を出来るだけさせない様に心掛けて頂きたい。子どもの関わった犯罪事件は夏休み期間中に多く発生するのがこれまでの傾向であるため、夜22時以降は少年補導の対象になるため外出を控え、塾などの場合いは保護者が迎える様にお願いしたい。

外泊も、許す場合、宿泊先の保護者に確認を取り、安全を確かめて頂きたい。子ども達は親の世代の頃と違い、スマホによって常時誘惑の危険にさらされている事を忘れないで頂きたい。夏休みは学校から解放され、子ども達は色んな事に興味を示す時期でもあり、小遣い欲しさに、罪を犯す可能性を秘めた時期でもある。

ショッキングな報告
中高生の女子を持つご両親は特に気を付けて頂きたい、表には出ておりませんが、警察が把握している少女売春行為は実際に起きている。求める悪人が巧妙にスマホ(SNS等)で呼びかけ、子ども達は 遊びの小遣い欲しさで罪意識があまり無く、気軽に応じることが実際に発生しているという。

場所は市外に呼び出され、自らバスで移動、中部の大型複合量販店や繁華街で待ち合わせするという。とてもショッキングな話であるが事実である。夏休みは、子ども達が家族といる時間が長い分、性教育というより、倫理的な事をちゃんと親が教えてあげる親子の会話の時間を持つことが重要である。

親は「まさか、うちの子が?」と思うかも知れないが、では 犯罪情報が氾濫している今の時代にフィルター機能に頼るだけで、親が道理を説く倫理教育をしている家庭は どの位あるだろう? 夏休みは学校にも頼れない、自分の子ども達を守るには、逆に夏休みを利用し、大いに親子のコミュニケーションを取って、 「道理」と書いて「人の生きる道」について家族で話し合う必要があるようだ。

【警察からの現況報告】
警察少年課の方に「この現象は貧困から来ているのだろうか?」と訊ねると、「ないとは言えないが、残念ながらそれは一部であり、大半は 恵まれた家庭に有りながら、遊びの小遣い欲しさから手を染めていて、全国で起きている悲しい兆候」だと語った。

「現場を突き止め、買春容疑で男を逮捕し、少女を補導して何をやっているのか問いただすと、小遣い欲しさと、興味半分で応じてしまい、気づいても後のまつりで、力づくに拒否できず、『こんなはずじゃなかった』と後悔する子が後を絶たない」とのこと。「検挙できているのは氷山の一角で、気軽に稼げる方法としてSNSで恐らくかなり広がっていると思われる」との報告であった。そして、一端手を染めると、媒介の悪人は何度も小遣い稼ぎの誘惑を持ちかけるという。

「買春・売春の犯罪行為を一件検挙すると、携帯の履歴などから余罪が浮かび上がり、携帯の番号をたどり捜査すると様々な少女たちが芋ずる式に現れてきた」そうである。「普通の家庭の子や、経済的に豊かな家庭の子等、立派な両親の子、何故こういう事に関係しているのか理解できない子の方が多い」という。

結論は、「昔から未成年者を対象とする買春犯罪は有るが、携帯・スマホを 子ども達が持つようになって桁が外れたように増えており、警察も一生懸命だが、イタチごっこで検挙できているのは氷山の一角であろう」との見解であった。この年頃の子ども達は親に内緒で興味本位でのアクセスをしてしまい、それが命取りとなっている。
要するに、私達は便利さと引き換えにパンドラの箱を開けてしまったので、閉めても もう遅い。小手先の方法ではもう無理で、人間教育の根本にもどり、倫理的な人間育成でしか食い止める方法は無いのではとの事なのだ。

善と悪が混在する世の中で子ども達が低い年齢でそれを判断する力を必要とされる酷な時代、子ども達の「天真爛漫で純粋無垢な心」につけ込む悪人を横行させる便利な道具を作り出した責任私達大人にある。それに対抗するには やはり、我々大人が子どもに対し ちゃんと「道理」を説ける健全さを身に着けるしかない。子どもに善悪をいいながら自分は平気で道理に外れた事をすると、子どもは同じことを真似るのである。

【思春期の思考と行動】
特に思春期の子ども達は反抗期でもあり、親からの干渉をきらい、独立心がくすぶり始める。殻を破ろうとする心に対し、理想と現実とのはざまで思考がもがき、周りの環境にやりきれなさをぶつけて来る。ぶつける理由づくりのために、自分の親や、まわりの大人たちを人間としてちゃんとしているのか自分なりの物差しで測ろうとする。そして、欠点を見つけると、これ見よがしに反抗し、大人に対する不信感をつのらせ、自分のやりきれなさを大人のせいにする。

この時期の子ども達に、親子の会話を要求するのは、とても難しいかも知れない。しかし、いつ何処で自分の子どもが犯罪の淵に足を取られてしまうか分からないのであるから、創意工夫してやってみるしかない。或いは、反抗期に入る前までに徹底して親子間の愛情の輪を作り、「人の生き方」について話し合っておくべきかも知れない。

【15の春】
高校の無い離島には「15の春」という言葉がある。実質的な子育てが終わり、親からの巣立ちを意味した言葉である。そのため、中学卒業の15歳までに徹底した愛情教育を行い、一人で本島の高校へ行っても決して曲がらない様に会話を重視した教育を行う。その中で、当然の様に一人で生きて行く術を教え、性教育はもちろん、世間の誘惑に惑わされぬように「人を助けても、他人に迷惑を掛けぬ様な人であれ」と、倫理教育を徹底するそうである。

私達は、現代の歪んだ社会の中で子ども達をどう泳がせば良いのか思い悩みながら過ごしている。人それぞれの生活環境が有るので、正しい答えは見つからないが、離島での「15の春」の子育て方法は、ぶれない精神のしっかりした子が育つ教育方法である事は確かである。実行するのは大変であると思う、しかし、便利だが大きく歪んでいる現代社会の波にもまれても決して溺れず、真直ぐに泳いでいける「人」になれると思う。

夏休みのこの機会に、今回の警察からの現況報告に対する子育て対策を今のうちから考えて行動すべきではなかろうか。

 

月別犯罪発生数の年間比較状況報告(折れ線グラフ)

 

( 平成28 ・ 平成29・ 平成30年の年間累計折れ線グラフ)

【折れ線グラフ分析・解説】

今年の6月も、昨年(H29)のグラフの下を更に深く潜るように推移しています。このままですと、凄い犯罪減少記録が作られるのではないでしょうか!関係者のご協力がこの様に減少数値で表れています!

今後も犯罪ゼロ(0)の街 浦添市へ向け市民が主役の防犯活動にご参加頂き、我が街 “浦添市では犯罪を起させない 犯罪のない浦添市” 実現へ向け まい進しましょう!

 

平成30年比【犯罪項目別、単月犯罪発生件数表】(前月比、及び、前年同月比

平成30年5月 平成30年6月 平成29年6月
車上ねらい 2件 0件 1件
オートバイ盗 1件 1件 5件
自転車盗 2件 1件 1件
忍び込み 0件 0件 0件
空き巣 0件 0件 1件
居空き 0件 0件 0件
ひったくり 0件 0件 0件
万引き 5件 5件 5件
自動販売機ねらい 0件 0件 0件
部品ねらい 1件 2件 4件
11件 9件 17件

【状況分析】

○車上ねらい   : 昨年同月比 △1件減  先月比 △2件減

○オートバイ盗  : 昨年同月比 △4件減 ・ 先月比 同数

○自転車盗   : 昨年同月比 同数  ・ 先月比 △1件減

○忍び込み    : 昨年同月比 ゼロ更新 先月比 ゼロ更新 素晴らしい

○空き巣      : 昨年同月比 △1件減でゼロ ・ 先月比 ゼロ更新 素晴らしい

○居空き      : 昨年同月比 ゼロ更新 ・ 先月比 ゼロ更新素晴らしい

○引ったくり     : 昨年同月比 ゼロ更新 ・ 先月比 ゼロ更新素晴らしい

万引き      : 昨年同月比 同数 先月比  同数

【追加項目】

○自販機ねらい   : 昨年同月比 ゼロ更新・ 先月比 ゼロ更新素晴らしい

○部品ねらい    : 昨年同月比 △2件減 ・ 先月比 1件増加

 

犯罪項目別 件数の推移

 

浦添市の犯罪3悪の順位が入れ替わりました。
ワースト1位は万引きです。2位が自転車盗、3位がオートバイ盗です。入れ替わった理由は万引きが増えている理由もありますが、自転車盗とオートバイ盗の発生件数が大幅に減少したためでもあります。

浦添市の犯罪3悪 (平成30年 4月累計)

万引き      39件

自転車盗     21件

オートバイ盗  10件


もっと!もっと!犯罪を減らして犯罪の無い街!起させない街!浦添市にして行きましょう!

市民の皆さん、私たち市民が自ら防犯意識を向上させ、犯罪発生件数を増やさぬよう地道な防犯活動を行い治安を良くすることで、子ども達が安心して暮らせる環境、子ども達を非行に走らせない環境が保たれます。市民の皆さん、治安は警察任せのみでは良くならず、子ども達を守ることは出来ません。

安全・安心な生活が出来る環境を自ら作っていきましょう!

浦添市の自治地区境界図の確認

自分達地域の防犯は自分達で守り、子ども達に悪い影響を与えない環境を地域の住民 ・ 学校 ・ PTA ・ 自治会等 が協力し合い防犯活動に積極的に取り組む事が大切です。
※(図をクリックすると境界図が拡大できます)

浦添市自治会境界線 ※クリックでPDFが開きます。

私達地域住民の大人は、地域の子ども達の安全を確保する責任があります。無責任な人間が起こす犯罪や事件から子ども達を守るため、或は犯罪に向かわせないため、声掛けで深夜徘徊や、犯罪の未然防止を促す活動が必要です!

さらに、我々地域住民が自分達の住む地域の安心・安全を維持する為に協力し、交代で地域の防犯パトロールをするなど「浦添市では犯罪を起こさせない!」の気持ちで皆が防犯活動に関心を持ち、犯罪の起こしにくい街づくりにして行きましょう!市民の皆様、ご協力お願い致します。

 

【グラフをクリックすると拡大表示します】

<<2018年5月末までの犯罪発生状況はこちらから。

 

犯罪発生地域 自治地区ワースト3 (2018 年間ワーストランキング)5月発生まで

犯罪発生地域ワースト3は、浦添市自治地区別の身近な犯罪地域発生件数の多い順にワースト3を紹介しています。目的は地域にお住いの皆さんがその事に気付き、防犯対策に意識を高め地域での取り組みをされる事を期待し、犯罪件数を減らして頂く事に協力して頂きたいという意味で紹介しています。

ワースト 1位  浦城自治地区万引き ・ 自転車盗

ワースト 2位  経塚自治地区万引き ・ 自転車盗 )

ワースト 3位  宮城自治地区 万引き ・ 自転車盗 ・ 部品狙いオートバイ盗 )

 


今回、不名誉“ワースト”に並ばれている自治地区にお住まいの皆さん!
やはり、子育てのしやすい街づくりは犯罪の抑制から始まります。安心安全な環境が子ども達の健全育成に欠かせない条件ではないでしょうか?防犯対策活動に参加して犯罪をなくし自分たちの自治区を安全なエリアにしましょう!

 

私たち市民の積極的な防犯活動が、安心して暮らせる生活環境をつくり、子ども達を貧困から救うと共に、地域の子ども達の健やかな成長と青少年健全育成の向上に繋がるのです。犯罪ゼロを目指し、子ども達が伸び伸びと学び暮らせる浦添市を一緒につくって行きましょう。

 

◆毎月第3金曜日は、『少年を守る日』です。
青少年を非行や事件・事故から守るため、各地域で集まった住民やPTAが夜間パトロールを行い、声かけ指導を行っています。しかし、まだまだ地域住民やPTAの参加者が少ない状況です。

子ども達が犯罪等の被害者にならないためにも、地域住民・PTAが率先して夜間の街頭パトロールを行うことで、深夜徘徊の防止や『不審者』に対しての抑止力となります。

是非、夜間街頭パトロールにご参加ください。
※各地域の中学校区ごとで行っておりますので、学校事務で集合場所等をご確認ください。

市民の皆さん、子育てを終えられた方も是非、地域の住民として参加されて、地域の安全と、連携による助け合い(総合扶助)のある素晴らしい浦添市の環境づくりにご協力ください。

身近な犯罪項目別発生件数累計

犯罪別件数
(1月~6月末累計)
車上狙い 6件
オートバイ盗 10件
自転車盗 21件
忍び込み 0件
空き巣 2件
居空き 0件
ひったくり 0件
万引き 39件
自動販売機ねらい 1件
部品ねらい 8件
△クリックで拡大
ryuujin_omote_20100318△クリックで拡大 △クリックで拡大 ryuujin_ura_20100318△クリックで拡大

カテゴリー   [地域の安全のために]

地域貢献企業

このページのトップへ