HOME > 特集 > こころのオアシス > ~有り難い~ ユキヒロ(ミュージシャン/シンガーソングライター) ビジネス・モール うらそえ 開設満10周年記念特別企画『投稿エッセイ』「“ありがとう”と伝えたい」

~有り難い~ ユキヒロ(ミュージシャン/シンガーソングライター) ビジネス・モール うらそえ 開設満10周年記念特別企画『投稿エッセイ』「“ありがとう”と伝えたい」

ユキヒロ
(ミュージシャン/シンガーソングライター)

沖縄県浦添市出身のシンガーソングライタ-。
沖縄を拠点に全国へとライブ活動を展開。ライブコンサートはいつも大人気。
伸びやかな歌声と楽しいトークが幅広いファンを魅了しています。
元気と癒しを発信するミュージシャン。
沖縄で生まれ育った感性と共に魅力あふれる音楽を創りだしています。
「今日から明日へ」「HEIWAの鐘」が全国高校生音楽教科書に採用される。
アルバムの中から数曲がCMやTV番組などのタイアップとして放送されています。
2016年3月より「沖縄美ら島大使」(沖縄観光親善大使)に任命されました。
URL:http://www.yukihiro-okinawa.com/ 

今年で芸能生活27年を迎えました。ひとえに応援してくれた皆さんのおかげです。
心から感謝、感謝!イッペーニフェーデービル!ありがとう!

はじめの10年はお笑い、司会、TV、ラジオ、音楽など様々なジャンルでマルチタレントとして活動しておりましたが2000年からシンガーソングライターとして活動しております。
ですから今年でミュージシャンとして17年になります。

浮き沈み、一喜一憂、華やかな不安定、現実と日々闘う夢追い職人ザ・芸能界ですが(笑)

その中でもボクがなぜ芸能一筋27年も続けて来ることができたのかと考えますと、それは まずボクに情熱があったからだと思っています。

その情熱はどこから起きたかと言うとボクの情熱に関心を寄せ賛同してくれたファンの方がいたからです。さらに、支えてくれるスタッフや共に創りあげた仲間、家族のおかげです。

ボクに力があったとか才能があったということは全く無く、只々 周りの皆さんが支え乗せてくれたのです。

現在、毎月全国を飛び回ってライブ活動をしています。その中で学校コンサートも200校を超えました。

ボクの曲をいろんな学校で歌ってもらえることはほんと「有り難い」ことです。

神奈川県 大和市立 南林間中学校 (体育館) 学校コンサート

 

HEIWAの鐘 (作詞・作曲)ユキヒロ

よみがえれあの時代へ 武器を持たぬことを伝えた

先人たちの声を 永遠に語り継ぐのさ

脅かすことでしか 守ることができないと

繰り返す戦争 (つみ)忘れゆく 愚かな権力(ちから)よ

いつか(自由な空が)虹かかる(翼広げゆく)

風に(高く大きな)幸せ贈るだろう

僕らの生まれたこの地球(ほし)に 奇跡を起こしてみないか

拳を広げて繋ぎゆく 心は一つになれるさ

平和の鐘は 君の胸に響くよ

 

唄い踊り助けあった 振り向かず笑い続けた

誇る島の魂を 永遠に守り抜くのさ

銃声が鳴り響き 海や大地が砕け散る

正義の叫びこだまする フェンスを飛び越えて

君が(一人立てば)変わるのさ(明日へ輝いて)

ずっと(未来の夢を)ここに残してゆこう

僕らの生まれたこの地球(ほし)に 奇跡を起こしてみないか

拳を広げて繋ぎゆく 心は一つになれるさ

平和の鐘は 君の胸に響くよ

 

南林間中学校の学校コンサートで「HEIWAの鐘」を歌うと生徒たちが興奮して押し寄せてきた

 

自由に創作し、歌って演奏して、そのライブ空間の中でいろんな方たちと楽しさを共鳴できることは何よりも幸せで「有り難い」ことだと思うのです。

 

神奈川県 大和市立 南林間中学校 学校コンサート終了後に全校生徒と一緒に記念写真を撮りました。

 

ミュージシャン仲間の先輩が「有り難い」こととは「難に有うこと」が有り難いことだと教えてくれました。

難に有うことが「有り難い」?

いやいや、できれば日々何も不自由なく波風を立てることもなく無事に過ごして行けることが「有り難い」と思うのですが。

それでも、難に向き合い乗り越えるところに向上があり幸せがある。難に有って挑戦すれば心が強くなり豊かになる。だから「有り難い」と思えてくるのです。

 

ユキヒロ ライブ演奏

 

人生にはいろんなことが起きると思いますが
すべての出来事を「有り難い」と感謝の気持ちを持ちピンチをチャンスとして捉えることができれば人生すべてをドラマチックに描くことができるのではないでしょうか。

前回のエッセイでも紹介しましたが、ボクは、2008年から「ピースベル フェスティバル」を立ち上げました。平和をテーマに地域の活性と人づくりを掘り起こしていこうと始めたフェスティバルです。

イベント経験のない素人のお父さん、お母さんたちとアイデアを出し合いながら「やればできる」を合言葉に始めたフェスも今年で10年を迎え全国10会場へと広がりました。
いろんな難がありましたが、これも支えてくれた皆さんのおかげです。本当に有り難いことです。

 

函館 遺愛女子高校 2年生 の沖縄修学旅行ライブコンサート(宿泊ホテル宴会場にて)

 

ボクの人生はすべての方への感謝に尽きます。人類皆兄弟、というよりも人類皆ファンの方だと思っています!(笑)。

函館 遺愛女子高校 2年生達と一緒に記念撮影

 

ボクは勝手に地球上にいる方がボクのファンになる可能性があると思うのです。だから、将来ボクのファンになる方たちを大切にしないとボクの仕事も人生も謳歌できないのです。

 

 

県内小学校 (体育館)での 学校コンサート!子ども達が 超盛り上がった!みんなでイェーイ!

 

ボクを生んで育ててくれた両親、これまで出会ったすべての方たち、そしてこの地球に感謝。沖縄に感謝。

これからもすべての出会い、出来事に「感謝」の想いを奏で みんなで楽しく進んで行きたいと思います。

最後にこのような機会を与えてくれた浦添愛に溢れる「ビジネスモールうらそえ」の益々のご発展を心からお祈り申し上げます。ありがとうございました。

イッペーニフェーデービル!!

【エッセイ】こんなにきれいな島に生まれて良かった

【エッセイ】心から出ず(いず)。願わくは心に至らんことを >>

【ティーダな出会い】 第9回 ユキヒロさん(前編)>>

【ティーダな出会い】 第9回 ユキヒロさん(後編)>>

 

ビジネス・モール うらそえ 開設満10周年記念特別企画『投稿エッセイ』「“ありがとう”と伝えたい」

カテゴリー   [こころのオアシス]

地域貢献企業

このページのトップへ