HOME > お役立ち > イチオシ! > ビジネス・モール うらそえ 開設満10周年記念特別企画『投稿エッセイ』 「“ありがとう”と伝えたい」

ビジネス・モール うらそえ 開設満10周年記念特別企画『投稿エッセイ』 「“ありがとう”と伝えたい」

色々な苦難有り、喜び有りで開設から平成28年10月1日をもち、お陰様で満10周年記念を迎えることが出来ました。愛読して頂いた浦添市民の皆様や、関係者、関心を持って読んで頂いている県民の皆様へ感謝の御礼を申し上げます。又、「ビジネス・モールうらそえ」をこれまで支えて頂いている地域貢献企業の皆様に心より感謝の御礼を申し上げます。

さて、満10周年の10という数字はものごとの完成または達成を表す節目の数字といわれています。そして、11年目にも入りました。11という数字は“完成して又 新たにスタート”という意味があるそうです。当サイトはこれまでの実績を踏まえ11年目という新たな時代の社会ニーズを捉えて市民の皆様へ更に役立つサイト運営を行って参りたいと思います。

今回、様々な形でこれまで「ビジネス・モールうらそえ」に広く関わって頂いている各界で活躍中の方々にお願い致しまして開設満10周年記念特別企画として、『投稿エッセイ』を連載いたします。今後も更に皆様に愛され、役に立つ浦添市の総合ポータルサイトとして発展・活躍できます様に祈念してスタート致します。

題して『“ありがとう”と伝えたい』です!エッセイの投稿をお願いしました筆者の方々には、それぞれの立場から今の混迷した時代の中で、乾いた空気の中に「勇気や、感動」を一滴の潤いとして感じられる逸話をエッセイにしたためて頂き「こころのオアシス」に投稿をお願いしています。また、このコーナーでは、浦添市民が元気をもらえるお話をお願いし、自由に言葉が伝えられる雰囲気を作って行けたらと思います。

誰しも人生の中で苦難や、挫折を経験します。しかし、それを乗り越えて人生は素晴らしいものだと経験もするのです。その時、誰かの教えや、助けがあり、何かに支えられて感謝を想いながら私たちは人生を歩んでいるはずです。或いは、子育ての中で 子どもの純粋な心から教えられる感動のエピソードもあるでしょう。

その感動や奇跡、勇気を頂いた感謝の気持ちを逸話として『“ありがとう”と伝えたい』というテーマでエッセイにしたためて頂き、市民の皆さんが筆者たちの書いた潤いある感動の逸話に出会い、癒され元気と勇気をもらえる「こころのオアシス」としたいと考えております。

「感謝の心」は人に感動を与え、心を癒し、元気にし、そして勇気を生み出すプラスの働きがあります。全ての人が感謝の心を持てば曇った心が浄化され世の中から争い事がなくなるのではという希望をもてるはずです。

今回は筆者を大人に限らず子ども達にも裾をひろげてみたいと考えております。

この企画コーナーは定期的にメール配信にて掲載致しますので楽しみにお待ちください。


 

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~”ありがとう”と伝えたい~
浦添市 企画部長
下地 節於

(2017/09/20)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~浦添の海にありがとう~
しかたに自然案内 代表
鹿谷 麻夕

(2017/09/11)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~さまざまな出会いに感謝~
フォーモストブルーシール株式会社 代表取締役社長
水田 正明

(2017/08/15)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~たくさんの感謝~
港川小学校ハンドボールクラブ監督
港川中学校ハンドボール部コーチ 三輪 華江子

(2017/08/06)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~地域住民のみなさんの御支援・御協力に感謝~
第25代浦添警察署長
崎原 永克

(2017/07/05)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~感謝~
浦添市長
松本 哲治

(2017/05/17)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~ありがとうメッセージ~
浦添市障害児通所支援事業所「たんぽぽ園」主査
池村 みどり

(2017/04/12)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~いつまでも感謝の心を忘れずに~
株式会社オーディフ 代表取締役社長
村野 勝子

(2017/02/17)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~ありがとうを伝えながら母に寄り添いたい~
浦添市教育委員会 文化部長
下地 安広

(2017/01/27)

企画エッセイ「“ありがとう”と伝えたい」

~ありがとうの言葉~
浦添市教育委員会 学校教育課 指導主事
内田 篤

(2016/12/20)

カテゴリー   [イチオシ!]

このページのトップへ